2014年03月06日

海南の漆器小物

まだまだ寒い日もありますが、庭のニオイスミレが咲きました。


ニオイスミレはバラやラべンダーと並ぶ香水の原料花として古くから栽培されているそうです。
非常に香りが強く、1つの花を飾っておくだけで室内に香が満ちるほどの強い香りを放つそうなので楽しみです♪
花は砂糖漬けにしてお菓子の飾りにも使われるそうなので、そっちもやってみたいなぁ~icon12


先日また、和歌山に行くついでに海南に立ち寄ってみました。
ちょうどぬりもの館がお休みの日だったので、あたりを散策中にふらりと「木地屋さん」にお邪魔しました。

木地屋さんは漆器卸問屋の直営店で、店舗はなんと築100年以上の町屋です。
坪庭には江戸時代の鬼瓦や織部灯篭があり、3日まで行われていた海南雛めぐりの名残で飾られていた古いおひなさまも見せていただきました。


お箸やスプーンなどいくつかお店にも置いています。


来週まで一月堂で海南の柿渋塗り「紀州 夢小筥」と漆器小物など取り扱っています。

遊びに来てくださいね~  


Posted by 一月堂 at 23:52Comments(0)お店