2013年10月21日

海南にて

今日は11月17日に参加予定の海南「サンデークラフト」の会場となる温山荘の下見に行ってきました。

琴の浦 温山荘園
http://www.onzanso.or.jp/


主催されている「町屋ごもん」さんによると、広い空間で作り手とお客さまがじっくり話し合ってお気に入りを見つけてもらう、そんなイベントにしたいそうです。


桜や松の立派な木が並ぶ、開放的な空間です。

同日に食べ物や雑貨の並ぶ「サンデーマーケット」も隣のスペースで開催されるそうで、楽しみなイベントですicon12


すぐ後ろは小さな入り江になっています。
海水を引き入れた日本庭園は、国の名勝にも指定されているそうで、入園もできます(有料)。

その後、町屋ごもんさんの案内で「漆器の島安」さんへ。
http://www.uruwashi-urushi.com/

田辺ではあまり目にすることのないモダンな漆器を、11/1・2日の「ララ♪ロマン」でご紹介したいと思います。




和歌山まで行ったら当然、古書店をのぞきます。
今回のひとめぼれ本はシュニッツラーの「夢奇譚」
表紙はクリムトの素描・・・でしょうか?
フロイト博士に「わが精神のドッペルゲンガー」と言わしめた世紀末ウィーンの作家の問題作だそうな。
めっちゃおもしろそう!

右の「猫に関する恐怖小説」は、表紙の黒猫がなっちゃんに似てる~♪とジャケ買いしたもので、まぁタイトル通り猫が出てくるホラーアンソロジーなんですが・・・これが個人的にすごい掘り出し物でした。

ブラム・ストーカーやル・ファニュ、ブラックウッド、サキ、ラヴクラフト、オーガスト・ダーレス・・・

メンバーが私の好みどんぴしゃで。しかも猫だらけ!
私のために編集された本なのかと勘違いしてしまいそうです。

どちらも100円コーナーの本なのですよ・・・信じられない・・・(興奮しすぎ)  


Posted by 一月堂 at 21:45Comments(2)その他