2011年11月07日

会いたくて あいたくて



昨日、奈良の正倉院展へ出掛けてきました。
今年は、14年ぶりに黄熟香が展示されるというので、香りに携わるものとしては、一度見ておきたいもののひとつでした。





沈水香で、最上級の香木です。
蘭奢待(らんじゃたい)とも呼ばれ、文字の中に東大寺の文字が組み込まれています。
本当に立派な香木でした。


私も香のものを詰め込んで匂い袋を作ってみました。
日本の香りもいいですね。




白檀,竜濃脳、山奈、カッコウ、丁子,桂皮、甘松・・・・  
タグ :お香アロマ


Posted by 一月堂 at 21:05Comments(0)石けん・アロマ